うちの犬 ~初めての柴犬生活~

滋賀でのんびり過ごす2017年7月生まれの柴犬麦です

手術することになりそうです

 

こんにちは。

prinです。

 

 

今日も麦の様子は「普通」。

 

元気いっぱいというわけでもないけど

食欲もあり、お散歩も普通にしています。


f:id:shibainumugi:20210225153509j:image

ごはんのあと、好きなおもちゃを取って遊んでいます。

 

寝ていることが多いけど

ぐったりという感じではなさそう。

 

 

 

 

 

先週病院へ行ってから

しばらく抗生物質を服用し、

今日再診に行ってきました。

 

薬服用中は尿のpHも下がって

膀胱炎は改善してそうですが

 

水を飲む量は、その後も変わらず

多いです。

 

※最近の飲水量(体重8.2~8.4kg)

2/20(土)720ml

2/21(日)730ml

2/22(月)610ml

2/23(火)640ml

2/24(水)480ml

 


f:id:shibainumugi:20210225153518j:image

診察待ちの麦。

今日も落ち着いています。

 

 

尿検査はまずまず。


f:id:shibainumugi:20210225155412j:image

pHが8.5と、高いです。

細菌と白血球は検出されなかったので

膀胱炎は改善したようです。

 

 

そして気になるエコー検査。

ドキドキ。

 

前回膀胱内にぼこぼこしたものが写っていましたが

ほとんどなくなってきれいになっているようです。

炎症がおさまったからなのだと思います。

 

ひとつだけ、ポコッとポリープのようなのが残っていて

前回よりすこーし小さくなってるかなあ?というレベル。

これについてはもう少し様子見。

 

 

そして問題の子宮。

子宮の太さが少し太くなっていて、

前回と同じようにモヤモヤとしたものが写っていて

大きさも前回とあまり変わっていないそうです。

 

どうやらというか、やっぱりというか

「子宮蓄膿症」のようです。

 

ちなみに、エコーで

尿や体液などさらっとした分泌物があった場合は

黒く写るそうですが、

モヤモヤ~と白く写っているので

固体の物が混じっていたりドロドロとしているものと考えられるそうで

膿である可能性が高いようです。

 

今すぐ緊急手術が必要というレベルではないそうですが

手術することを勧められました。

 

子宮蓄膿症は、薬で散らす方法もあるそうですが

長期間薬を服用させる必要があるそうで

それも体に負担になるかなという感じ。

 

 

麦の場合今のところ陰部からおりものなどが出てきている様子がないので

おそらく膿が外に出てこないタイプ(閉塞性)なのかもしれません。

膿が外に出てくるタイプ(開放性)もありますが

閉塞性の方が発見も遅れやすく

危ないようです。

 

 

1~2週間の間をめどに

これから手術日などの相談をすることになります。

 

 

膀胱のポリープは後日またエコーで診てもらい

小さくなっていない場合は同時に除去してもらうかもしれません。

 

できれば膀胱にまでメスをいれなくて済んだらいいのですが

後々また手術になるかもしれないので迷います。

子宮のことがなければ、まだしばらく様子見して

この段階で手術まではしないそうです。

病理検査もしてもらって、この際すっきりする方がいいのかな。

 

 

あと、最近時々嘔吐をすることがあり、

薬の影響も考えられるそうで

抗生物質を違うものに変えることになりました。

 

薬の影響であればいいのですが

子宮蓄膿症でも嘔吐の症状があるようなので

進行していると怖いなとも思います。

 

 

ちなみに、セカンドオピニオンについては、

別の病院に2軒問い合わせてみたのですが

現在の治療と麦の様子から

そのまま再診することを勧められました。

子宮の異常も抗生物質で消えてしまうこともあるそうです。

ちょっとそれも期待していたんですけどね。

 


f:id:shibainumugi:20210225153533j:image

 

さすがにちょっと疲れた様子の麦さん。

 

とてもお利口に

おとなしく診察を受けていました。 

 

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
 
ブログ村ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村