小さい頃に覚えた習慣





f:id:shibainumugi:20190227075148j:image

 

こんにちは。

prinです。

 

 

 

 

麦はうちに来てすぐに

「ハウス」でケージに入ることを覚えました。

 

お留守番や就寝時、

小さい頃はケージに入っていたので、

「ハウス」をして、ご褒美のおやつをあげて

扉を閉めていました。

 

 

今はケージの扉は常に開けているので、

麦は好きなときにケージに入って寛いだり

寝たりしています。

 

最近はもう「ハウス」の指示を出すことはありません。

 


f:id:shibainumugi:20190227075227j:image

 

今でもこうして、

餌を持ってくるとケージの中に入っていきます。

 

 

あまりにガウガウしていた時に

ひさしぶりにハウスと言ってみたら

一目散でケージに入っていきました。

 


f:id:shibainumugi:20190227075246j:image

 

子犬の頃の習慣って、ずっと残るのかもしれませんね。

 

 

私が出掛ける準備をしていると、

そわそわしています。

 

じゃあ、麦。行ってくるね。

そう言うと、寂しがるどころか

パッと立ち上がってケージに向かいます。

 

行ってくるね、とか

お留守番しててね、という言葉は

分かっているようです。

 


f:id:shibainumugi:20190227075316j:image

 

子犬の頃に覚えた、トイレのコマンドも覚えているのかなあ。

 

今は完全に外でしかトイレをしなくなってしまいましたが、

一時期はトイレトレーで出来るようになっていたのですけどね~。

 

失敗して大変だったり、

うまく出来るようになって感激したり、

てんやわんやだったのですが。

 

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
 
ブログ村ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村