人の言葉はどこまで分かっているのかな




こんにちは。

prinです。

 


f:id:shibainumugi:20180329124901j:image

 

「ちっち」のコマンドで、トイレが出来た!という記事のあとも、

麦は何度かコマンドでトイレができるようになりました。

どうやら「ちっち」の意味を分かってくれたみたいです。

 

 

柴犬は大人になると室内でトイレをしなくなることが多いようなので、

今後、しなくなるときがあるかもしれませんね。

まあその場合は仕方ないかなと思っています。

 

 

 

 

麦がうちに来たときから、トイレトレーニングではずっと「ちっち」と声を掛け続けてきました。

 

おそらくですが、言葉の意味は前から理解していたんじゃないかなと思います。

最近になって、トイレでちっち→おやつがもらえる、ということを覚えたので

してくれるようになったのかなーと。

 

ちなみに、お散歩前にトイレを済ませようとしたのですが、

こちらは失敗。

「ちっち、ちっち」と言ってもじーっと無視していました。

 

分かってるからといって、従ってくれるわけではないようです。

あー。主従関係できてないもんなあ。

 

 

 

犬とは言葉で会話が出来ないので、

こちらが言っていることをどれぐらい理解しているのかなと思いますね。

 

 

実はけっこう分かっているのでは?と思うことがあります。

 

 

ケージに入るとき、「ハウス」で入ってくれるのですが、

会話の中で、「おうち入る?」や「寝んねする?」、「そろそろ寝ようか」といった言葉に反応して

トコトコとケージに入っていきます。

 

 

「ちっち」もそうだったけど、

「おすわり」も「お手」も、おやつが目当てでしてくれるところがあります。

 

「コラ!」や「ダメ!」も、「おいで」も、

もしかしたら分かっているのかな。

分かってるけど無視されているのかもしれません。

 

 
f:id:shibainumugi:20180329183202j:image

 

また木の棒を見つけて、お散歩中断。

 

「ほら、立って。もう行くよ!」

って私が言ってるの、実は分かってるでしょ。

 

まったく言うことを聞いてくれない麦でした。

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
 
ブログ村ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村